2012年4月以降 突然ターゲットアプローチが正常に動かなくなった

2012年4月17日 Posted in エラー Posted in サポート

2012年4月以降にTarget Approachの不具合が出るようになったお客様へ

 

≪ケース1 ≫...TA222のファイルを新たにダウンロードした場合

Target Approach起動時に「無効なオブジェクトライブラリです。または定義されていないオブジェクトへの参照を含んでいます」というエラーメッセージが表示されるようになった。

 

≪ケース2≫...今まで保存していたTA222ファイルを起動して使用した場合

今まで使用できていたのに突然Excelのエラーで停止したり、メニュー画面が消えてしまったり、といった不具合が起こるようになった。

 

【原因】

20124月のWindows Update(Microsoft Update)に含まれる修正の一つに、Windows Common Control(MSCOMCTL.OCX)の脆弱性(MS12-027 MSCOMCTL.OCX の脆弱性により、リモートでコードが実行される)を修正するものがあります。これを適用することで、MSCOMCTL.OCXは脆弱性が修正されたバージョンに置き換えられますが、このアップデートを行ったあと、VBA(Excelマクロなど)で作成された、このMSCOMCTL.OCXで使用可能になるコントロール(コモンダイアログなど)を使ったアプリケーションが動作しなくなる問題が発生していますTarget Approachは上記にあてはまるため、突然エラーもしくは不具合が発生して起動できなくなった事が考えられます。

 

大変お手数ですが、以下の手順をお試しください。

 

【解決策】

1.コマンドプロンプトを開いてください。(a,b,cいづれかの方法で)

 

≪コマンドプロンプトの開き方≫

a:「スタート」「(すべての)プログラム」「アクセサリ」「コマンドプロンプト」と項目を選ぶ

  [Windows7,Vistaの場合]

  スタートボタンWin7_Vista.jpg

 

[Windows XP,2000の場合]

スタートボタンWinXP_2000.jpg 

 

 

 

 

 

 

b:ウィンドウズキー  + R で「ファイル名を指定して実行」ダイアログ表示cmd】と入力して「OK」を押下

c:「スタート」「ファイル名を指定して実行」cmd】と入力して「OK」を押下(7Vista以外)

ファイル名を指定して実行.jpg 

 

↓コマンドプロンプト画面

 コマンドプロンプト画面.jpg

2.点滅箇所に「start explorer %APPDATA%」と入力してEnterキーを押して下さい。コマンド プロンプトでは、コピー&ペーストは可能ですが、CtrlV での「貼り付け」は使えませんすると、エクスプローラが開きます。以下のディレクトリ名が表示されていることを確認してください。
   Windows 2000/XP:
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data
   Windows Vista/7:
「ユーザー > <ユーザー名> > AppData > Roaming
   (<
ユーザー名>の所には、現在ログインしているユーザー名が入ります)

 ◆注意◆

上記は初期状態の環境において表示されるディレクトリです。プロファイルのディレクトリを変更しているなど、環境の設定によっては別なディレクトリが表示されることがありますが、以降の手順は変わりません。

3.表示されたエクスプローラから、「Microsoft」→「Forms」の順でダブルクリックして開いてください。

4.種類が「EXDファイル」となっているファイルすべてを削除してください。(ゴミ箱でOK)。削除終了後、このエクスプローラは閉じてかまいません。

5.コマンドプロンプトに戻ります。

6.start explorer %TEMP%」と入力してくださいコマンド プロンプトでは、コピー&ペーストは可能ですが、CtrlV での「貼り付け」は使えません。エクスプローラが開きます。以下のディレクトリ名が表示されていることを確認してください。

   Windows 2000/XP: C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Temp
   Windows Vista/7:
「ユーザー > <ユーザー名> > AppData > Local > Temp

   (<ユーザー名>の所には、現在ログインしているユーザー名が入ります)

 ◆上記注意参照◆

7.表示されたエクスプローラから、「VBE」をダブルクリックして開きます。

8.先程同様、種類が「EXDファイル」となっているファイルすべてを削除してください。

9.エクスプローラ、コマンドプロンプト画面を閉じます。

10.Target Approachファイル「TA222」を起動し、正常に動作することを確認してください。

 

以上です。

 


トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)