【iタウンページ最新情報】10

これは便利かもしれない【タウンページのWEB閲覧】。

http://www.denwacho.ne.jp/

その名の通り、タウンページそのものを実際にページをめくるように閲覧できるサービスです。

もちろん無料。

閲覧出来るのは『デイリータウンページ』と『ビジネスタウンページ』の2種類。

今は大阪府のみ提供ですが、2011年3月から東京都版もサービス開始らしいです。

実際に見てみましたが、動きも軽快で結構便利です。

これが普及すれば、タウンページの課題である紙資源の節約に大きく貢献するかもしれませんね。

【iタウンページ最新情報】9

ホームページ・メールアドレスは無料で掲載できる。

iタウンページ(もしくはタウンページ、いわゆる電話帳)に掲載されているお店や会社であれば、ホームページとメールアドレスはhttps://ssl.itp.ne.jp/guide/web/wg003.html

から申し込めば無料で掲載できます。

ただし無料での掲載には条件がついていて、すぐクリックできるリンク形式の掲載は有料、文字情報のみの掲載は無料だそうです。

リンクがついてなくても、今のブラウザなら右クリックするとホームページに飛べるので同じような気もしますが苦肉の策なのでしょう。

いずれにせよタダで情報が掲載できるのであれば利用しない手はないと思います。

【iタウンページ最新情報】8

クーポン発行機能。これはぐるナビなんかでよく見かける、プリンターで打ち出す用のクーポンを発行する機能です。

年額73,500円のベーシックプランから使用可能です。

これなんかは検索のついでにクーポンがついていれば割引もしくは特典があるので使う側からすれば便利ですね。ただし広告を出す側からすればiタウンページから検索したお客さんは全て割引だとちょっと割に合わないかも。

ポイントはiタウンページのトップにある『クーポン検索』から検索してくれるお客さんがどの程度あるかという事でしょう。

あとはクーポン発行しているお店も今のところそんなに多くはないので、検索結果でクーポン有り表示が出ていると選んでもらいやすい可能性はあります。

業種次第だと思いますが。

【iタウンページ最新情報】7

広告メール配信機能『メールPlus!』。

これは前回記事のライトPlus!メールプラン、年額98,700円に加入すると使える機能です。

お店のページに会員募集フォームが用意されていて、そこからお店のメール会員を募集、あとは自分のお店のメール会員に自由にメールでセールのご案内やお買い得情報を配信できるというもの。

自分のお店のホームページを持っていて、無料のメルマガ発行サービスを使えばわざわざiタウンページを使わなくてもできそうなサービスではあります。

メール会員の募集にiタウンページ側で一役買ってくれるというなら利用価値はあるかもしれませんが、ライトPlus!プランに25,000円も足してまでの価値があるかどうかはちょっと疑問です。

【iタウンページ最新情報】6

これはすごい『ムービーiタウン』。

iタウンページに掲載されたお店や施設の動画が掲載されています。いわばYou Tubeの機能をiタウンページに取り込んだとも言うのでしょうか。

これも各地域ごとに検索するようになっています。今のところ動画を掲載しているお店や会社はまだ少ないようです。少ないだけに注目を集める意味では結構狙い目かもしれません。

グルメ・旅行・宿泊関係のお店の掲載が比較的多いようです。ちなみに東京のムービーiタウンはこんな感じhttp://area.itp.ne.jp/douga/tokyo/01/index.html

タウンページも単にネット上の電話帳というだけではなくて、新しい機能を貪欲に取り入れてるんですね。

動画をインデックスをつけて体系的に分類しているサイトはまだまだ少ないですから意外な発展性があるかもしれないです。

ちなみに動画の入った広告を出稿するためには、iタウンページのライトPlus!プラン、年額73,500円+初期登録料20,000円となるようです。この金額高いと見るか安いと見るか評価の分かれますね。

実際に広告を出しているお店や会社のコメントを聞いてみたいところです。

【iタウンページ最新情報】5

2010年10月にオープンした『オーガニックiタウン』の情報です。

『オーガニックiタウン』の説明によれば『オーガニックが持つ、"ナチュラル""自然な""本来的な"という意味の通り』オーガニックにこだわるお店や生産者を探し出す事が出来るサイトと位置づけられています。

情報はオーガニックフードの生産者から、オーガニックに関するお店に始まり、化粧品や繊維製品などの雑貨やホテルなどの宿泊施設、果ては流通業者まで非常に幅広い業種をカバーしています。

いわば衣食住全体をオーガニックというキーワードでくくりなおしたという事なのでしょう。

『メディカルiタウン』『ヒーリングiタウン』『住まいるiタウン』全てに通じますが、既に膨大なデータベースとなっているiタウンページの情報を特定のキーワードでヨコ串を刺すというコンセプトで作られているのですね。

 ページのほうはオーガニックの各ジャンルの中から調べたいカテゴリを選んで、日本地図が表示された画面で地域を選んでいくという基本的な検索手法がとられています。

2010年10月の開始ですのでページ独自の情報はまだそれほど充実していない印象です。

いわゆる『紙の電話帳』の種類

タウンページNETの『電話帳ラインナップ』ページで確認すると、現在発行されている電話帳の種類は大きく分けて4種類。『タウンページ』『ハローページ』『タウン&ハローページ』『点字電話帳』です。

大まかに言うと『タウンページ』は職業別電話帳、『ハローページ』は企業加入者、個人加入者の五十音別電話帳、『タウン&ハローページ』は両者の合体版ですね。

『タウンページ』は日常生活に必要なお店を集めた『デイリータウンページ』と広範なビジネス全般の業種を集めた『ビジネスタウンページ』に分けられています。

このうち『iタウンページ』の元データとなっているのが『タウンページ』ですね。個人電話番号が掲載されている『ハローページ』のデータは『iタウンページ』に含まれていませんのでご注意を。

【iタウンページ最新情報】4

住宅情報の『住まいるiタウン』のレビューです。

イメージからして、賃貸物件の紹介や売買物件の紹介がメインかと思いきや、そうではありませんでしたね。

住宅のリフォームや、内装工事、ガラス工事やガス器具等、より生活に身近なところがクローズアップされています。

考えてみると当たり前ですね。iタウンページに掲載されているお店や会社は、何も不動産屋さんだけではありませんからね。

ということもあり、他のポータルサイトのように不動産の紹介に大きく偏ることもないのでした。

どちらかというと住宅のリフォームや修理に重点が置かれているようなイメージです。

それから賃貸の部分を見てみると、普通のポータルサイトは、不動産屋さんが自分の仲介する物件を掲載するサイトがほとんどですが、iタウンページの場合は、大家さんが自分の物件を直接掲載して宣伝するというケースがちらほらです。

『静かな環境で栄養満点の2食付下宿です。』なんてほのぼのとした下宿屋さんの広告も出ています。

【iタウンページ最新情報】3

お次は健康情報の『ヒーリングiタウン』をちょっと覗いてみました。

ヒーリングとは要するに癒し関連情報を集めているんですね。

主な項目としては『花・ガーデニング』『ペット』『エステ・スパ』『アロマテラピー』『占い・テラピー』『ミュージック』『スイーツ』となっています。『ミュージック』あたりから怪しくなり、『スイーツ』になると違和感があります。甘いものを食べて癒されるから良いのでしょうか。

各項目ともそれぞれのジャンルの一般的なトピックが配置してあり、基本はiタウンページのコンセプトに則り、ショップ検索が一番上に配置されています。

『ミュージック』は音楽でも癒し系の音楽なのですね。

この記事を書いているのは2011年1月3日ですが、今日時点ではまだクリスマスソング特集が載っています。さすがにこれだけコンテンツが満載されていると、iタウンページのスタッフもこまめにアップデートというわけにはいかないのでしょうか。

さて気になる『スイーツ』ですが、ここもまだクリスマスでした。新年を祝う日本の伝統菓子などというタイトルを期待してましたが。手が回らないのでしょうか。

それにコンテンツ全体も今一つシャビイ感じ。今後の充実を期待しましょう。

【iタウンページ最新情報】2

iタウンページのトップページを見るとすごいですね。医療情報は『メディカルiタウン』、健康情報は『ヒーリングiタウン』、住宅情報も『住まいるiタウン』はたまたオーガニック関連の『オーガニックiタウン』まで。

ちょっと役に立ちそうな機能をご紹介してみます。

まずは『メディカルiタウン』。

最初のページは日本地図から探したい地域の医療機関をクリックだけで探し出せるようになっています。基本的にはiタウンページ本来のデータ参照の仕方を踏襲してます。役に立ちそうなのが休日夜間診療や休日当番医、人間ドック対応病院などをピックアップして探し出せること。夜中の急病などでも役に立ちそうです。

これらの検索機能に加えて、医療知識や子供、女性、お年寄り等に分けたコラム、ワクチン接種などの最新トピックなどもあり、まさにポータルサイトとして堂々たる情報量です。

【iタウンページ最新情報】1

最近ではTV広告もバシバシ打っているiタウンページですが、NTTのiタウンページ戦略とは果たしてどのようなものなのでしょう。

インターネットタウンページ(iタウンページの前身)が出来たのが1996年。ずいぶん早いですね。その頃は単なる電話帳のインターネット版程度の位置づけだったようです。ところが、今iタウンページを見てみるとYahooの様なポータルサイトとほとんど遜色がないですね。現にNTT自身もiタウンページは検索ビジネスと位置付けているようです。


【iタウンページの収益構造】
iタウンページは、地域情報の収集、検索サービスで、収益は基本的に広告。

【iタウンページの収録データ】
600万事業所、1100万件の会社、店舗電話番号をデータベース化。約8000業種。ちなみに電話帳の業種データは約1800業種しかないそうです。iタウンページのほうが業種をさらに細分化しているということですね。

【口コミ情報】
特にグルメ、レストラン、病院とかペットショップ、ホテル、不動産、自動車販売などに口コミ情報が載っています。クチコミ情報はを地図上にプロットされているので自分で探したい地域のお店情報チェックもできるようになっています。