3.アクセスが遮断されてしまったら(プロキシサーバーを使う)

2010年12月24日

前2話で『iタウンページへのアクセスが遮断されてしまったら』のシリーズをお伝えしてきました。今回はその最後、『プロキシサーバーの利用』です。

アクセス制限は通常インターネット上の住所であるIPアドレスをもとに行われます。プロキシとは『代理』の意味で、この代理サーバーを通じてアクセスする事でアクセス可能となる場合があります。

ネット上には無料で使えるプロキシサーバーがたくさん存在しており、

こちら

http://www.cybersyndrome.net/

やこちら

http://www.proxyforest.com/index.htm

でカンタンに探し出す事が出来ます。

そうしたら

http://www.cybersyndrome.net/pg.html#2

でPCへの設定方法を参照してください。

サーバーへのアクセスの仕方も簡単。それぞれのHPを参照して設定してください。

また複数のプロキシサーバーを予めPCに登録しておいて、ワンタッチでアクセス先を切り替えてインターネットに接続できる

http://www.cybersyndrome.net/ips.html

のようなソフトも無料で配布されています。是非お試しあれ。くれぐれも使いすぎと悪用だけはお慎み下さい。


トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)