件数検索結果とダウンロードデータの件数の違いについて

2012年2月24日 Posted in Tips Posted in サポート

Target Approachで「件数検索」を行った場合の結果と、実際にExcelファイルとしてダウンロードしたデータの件数が異なること場合がよくあります。(同じ地域かつ複数の類似したキーワードで「重複データ削除」を行う場合以外)

これは、おもに以下のような原因によります。

(iタウンページ上で表示される件数=Target Approachでの件数検索の結果です。)

iタウンページ上で「複数掲載あり」の表示があるものは、iタウンページ上(Target Approachの件数検索結果)では1件と表示されますが、ダウンロードしたデータでは複数表示分が増えます。

iタウンページ上で電話番号のほかに「FAX専用」として登録、表示があるものは、iタウンページ上(TAの件数検索の結果)では2件として表示されるが、ダウンロードしたデータではまとめて1件のレコードとして表示されます(電話番号の横の欄にそのままFAX番号が追加されます)。

 

ちなみに、iタウンページ上で「複数掲載あり」とは、

「同一住所にある複数の電話番号をもつお店(会社)です。ただし、お店(会社名)が「会社名/支店名/部署名」のように間に「/」(スラッシュ)が2つ以上で、なおかつ先頭より2つ目の「/」より前の部分(「会社名/支店名」など)が同一の場合にのみまとめて表示されます。※同一住所とは枝番地・号・部屋番号まで同一。」

といった説明になっています。

 


トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)